スポーツ

福留と落合が不仲なのは最大の欠点・弱点を知ってたから?お嫁さんや子供との関係も

スポンサーリンク

お疲れ様です〜トゲムーです☆

今回は中日ドラゴンズに所属する福留孝介選手について記事にして参ります!

では早速☆

福留孝介は落合博満と不仲だった?

福留孝介と落合博満

前者は未だ現役、後者は名球会入りしている球界を代表するスラッガー同士

落合氏も長く現役を全うしたので、両者はよく似ていますが、2人の関係といえば2004-2007年までの4年間で同じチームとして監督と選手、という間柄であったこと。

その間ドラゴンズはリーグ優勝を2度を達成し、日本一まであと一歩と迫りました。

そんな2人の関係性はどうだったのでしょうか。

福留と落合の確執の噂

そんな2人については直接というよりは、福留選手に関連する話を通して様々な憶測が飛んでおります。

例えばこちらの記事(DeNAが福留獲りに失敗した原因は次期監督候補にあり?)によれば、

ただし、ある中日関係者は「福留と落合さんの仲が良くなかったのは確かだが…」とした上で、こう指摘する。

とあり、関係者の証言では、福留と落合の仲がよくなかったのは前提として書かれており、

また、こちらの記事(【野球】〝虎戦力外〟福留に古巣中日が注目 因縁あった落合氏去り復帰に支障なし)において、

加えて福留が中日時代の2004年以降は落合監督との確執もささやかれる間柄だったが、前出の関係者は「今では落合さんはGMとしても在籍していないし、もう中日とは何の縁もないから福留が戻ってくることはまったく問題はない」と進言する。

とあり、ここでも福留と落合との確執があったことを認める著述がなされています。

 

ここまでをみると、大筋福留選手と落合氏の仲はあまり良くはなかったのだろうということは言えるでしょう

最大の欠点・弱点を知っていたのは本当?

では実際のところ、なぜ2人の関係性があまり良くなかったというのでしょうか。

それには福留選手の最大の欠点・弱点を落合氏が知っていたことも関係がある、との噂もあります。

詳細をみて参りましょう★

福留はメジャーに行くのが1年早かった

これはあるラジオ番組で福留選手と落合氏が共演したときの動画(音声のみ)です★

非常に貴重な音声ですが、はっきりとこの中で

「福留はメジャーに行くのが1年早かった。最大の弱点を俺は知ってる」

とコメント。

監督・選手という師弟関係の下、その弱点を指摘し指導しながら、それを克服し切れずにメジャーへ挑戦し、結果を出し切れずに終わったということを遠回しにコメントしています。

 

これはなんとも複雑なコメントですが、「元監督」という上の立場だからこそ、当時の福留選手に「これはこう!」とハッキリ言ってると言えるのもありますし、落合氏は物事に対してハッキリ白黒をつける発言をする方なので、これだけで関係性が悪いとは言えないかもしれません。

インコースが苦手

一方、その福留選手の弱点はというと何なのでしょうか。

福留選手は「インコースが弱かった」という指摘があります。

かといって、とりわけ「外が強い」という訳でもないと思いますが、メジャーではカットボールやツーシームなど動く球や速球でインコースをえぐられるようなケースが多かったのではないかと思います

実際にこちらの記事によれば(もがき苦しむ福留、徹底的な弱点分析 小グマのつぶやき from シカゴ vol.25)、

その3連戦で登板した先発の一人、ジェレミー・ガスリーに、福留の攻め方に対しての話を聞くと、こう答えていたことを思い出す。「内角をうまく攻められれば、外角の対処も落ちるだろうから、それが狙いだ」。

と書かれており、福留選手の攻略法が明確に書かれております。

また、こちらの記事の後半では、

データを見ても、それは分かる。福留のコース別の打率は、内角高めが1番低く、1割8分2厘。次に外角低めの2割5厘。そして、内角低めの2割6分9厘となっている。

と書かれており、インハイを中心にインコースが苦手だということが明らかになっております。

 

福留選手は選球眼が比較的よく、際どいボールを見逃して甘い球を確実に仕留めていく打撃スタイルだと思いますので、このようにインコースを攻められて本来の打撃ができず、凡打を打たされるような形になっていたのではないかと思います。

 

そう考えると、落合氏がいってたのは、まさに弱点である「インコースを克服できなかった」ということなのでしょうか。

ある意味弱点を知っていたならちゃんと指導すればよかったという話だと思いますが、それを指摘し受け入れる関係性でもなかったかも、ということも伺えます。

ただ落合氏も手取り足取り指導するというタイプの指揮官ではないため、福留選手と適度な距離感を保ちながらうまく起用していたということでもあるでしょう

 

監督と選手、絶妙な距離感が感じられるエピソードですね^^;

嫁さんや子供との関係

不倫騒動

そんな落合氏との関係が色々噂になる福留選手ですが、「関係」ということでいうと、2017年の不倫騒動で少々世間を騒がせてしまったことがありました。

2017年は所属する阪神タイガースにてキャプテンを任されていましたから、当時39歳のベテラン選手にしてはあるべき態度ではなかったのかもしれません。

お嫁さんと子供とは円満?

上記スキャンダルがあり、離婚の噂も上がった福留選手ですが、今の奥さんとは2007年のメジャー挑戦と共に入籍しており、子供も男女1人ずつ生まれております。

細かいところはわかりかねますが、今のところそこまで問題が起こっている様子ではなく、以前娘のことに関して何度かコメントしていたことがあります。

当時は2015年で4歳の娘の愛らしい姿をコメントしたもの。

プロ野球選手の父親らしい姿を表してますね★

これはさらにその2年前の2013年ですが、娘の誕生日にキッチリホームランを放ち、ウイニングボールを届けるというプロ野球選手にしかできない芸当

娘のことを気にしながら、家族を思いやる姿が伺えます★

 

このように家族とはまずまず円満な様子が垣間見られることから、何か問題が起こっているというのは少し考えにくいところではあると言えるでしょう。

まとめ

今回は中日ドラゴンズに所属する福留孝介選手について記事にして参りました!

記事の内容をまとめますと

  1. 福留は落合と不仲だったかに関しては、様々なエピソードがあるが、確たる証拠は存在せず、「監督と選手」という一定の距離感はあったと考えられるが、大きな確執があったとは言えない。
  2. 福留の最大の欠点・弱点については、落合氏が監督時に知っていたことが明らかになっており、インコースを苦手としていることがデータでも明らかになっているが、これが関係性に影響を与えているとは考えにくい。
  3. 福留選手のお嫁さんや子供の関係性については2017年に不倫騒動があったが、現在まで大きな問題が起きている状況ではなく、まずまず円満な関係だと考えられる。

となるかと思います☆

球界のスターである福留選手。

当然様々な憶測が飛び交う立場ですが、その真相を突き止めるのは難しいですね笑

いつしかご本人から明らかになることも期待しつつ、何よりも野球選手としていい噂をたくさん届けて欲しいと思います^^

ご愛読ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク