スポーツ

栗林良吏がドラフト漏れしたのは中日ファンだから?中学時代や家族についても

スポンサーリンク

お疲れ様です〜トゲムーです☆

今回も引き続きドラフト特集ということでトヨタ自動車の栗林良吏投手について記事にして行きたいと思います。

では早速☆

栗林良吏がドラフト漏れしたのは中日ファンだから?

トヨタ自動車に所属する栗林良吏投手。

栗林投手は、2020のドラフトで1位指名候補としてあがっている注目の投手です。

まずはそんな栗林良吏投手の基本情報を見て行きましょう☆

栗林良吏の基本情報

身長・体重 178cm・80kg
投・打 右投げ・右打ち
球速 最速153キロ
変化球 カーブ・フォーク・シュートなど
甲子園成績など 甲子園出場歴なし
一言 2年前にドラフト漏れしてさらに成長を遂げたドラ1候補

栗林投手は体格こそそれほど大きくはないものの、最速153キロを誇るノビのあるストレートを武器にカーブ、フォークを駆使しながら打者を手玉に取って行く投手です。

ストレート、カーブ共に回転数が多く、ストレートは特に球速以上のノビを感じる印象で空振りを奪える球質で、カーブもカーブにしては球速が割とある感じる120キロ台の球を投げます。

実際の栗林投手の投球動画はコチラ。

バランスのいい東急フォームから、威力あるストレートと、変化量の大きい変化球で打者を打ち取っているのがよくわかりますね🤔

栗林良吏の経歴〜ドラフト漏れを経験

栗林投手は小学2年生から野球をはじめ、中学は軟式チームでプレーし、高校は愛知黎明高校へ進学。

高校自体は準優勝が最高で甲子園出場はなく、大学は愛知県の名城大へ進学。

3年時には大学日本代表にも選ばれ、4試合に登板し、防御率1.29の成績を残しています。

名城大時代(2018年)にプロ志望届けを提出するも、この年は指名されずドラフト漏れを経験(噂ではこの後に進むトヨタから2位以内の指名の縛りがあった!?)。

その後トヨタ自動車へ進み、今年は2年目を迎え満を持してプロの道へ、という状況です。

ちなみにそんな栗林投手は中日ファン?でもあるのです

このように本人も素直なコメントを残しており、中日が指名となれば相思相愛ということになるでしょう☆

中学時代や家族について

栗林投手は愛知県の出身で、中学は愛知県の愛西市立佐織中学校に進学しておりますが、藤華クラブという軟式の野球チームに所属。

つまり中学時代は、シニアやボーイズリーグ、また軟式野球部には所属していなかったということになります。

このように2年前にはなりますが、中学時代のチームの応援にも駆けつけるなど愛着を持ってらっしゃるようですね☆

栗林投手はその後、愛知黎明高校で2年夏は3番ショートでスタメンを張ってまして、2年秋から本格的に投手をやっていますが、中学時代のポジションについては不明でした^^;

普通に考えて高校2年秋から投手ということですと、投手歴としてはまだ7年くらい、ということになります。

家族に関して

栗林投手には兄がいます。

その兄を超えるべく、「兄に勝ちたくて野球を始めた」と言っているほどライバル心が強く、栗林投手は努力したようですね。

身近な存在が栗林投手を育てることに一役買ったところもありそうです

一方ご両親に関する情報は残念ながら出て来ませんでした><

ドラゴンズの1位指名が有力?

様々な経緯があり、今年のドラフトには他の人より一層かける思いも強いであろう栗林投手。

そんな栗林投手は先ほど説明したように自身が”中日ファン”であることを公言していますが、ドラゴンズとしては指名意志はあるのでしょうか。

実はドラゴンズが栗林投手を指名する可能性が高い理由がいくつかありますので見て行きましょう

本人が中日ファンであり、地元出身であること

やはり地元球団には地元出身選手という構図が似合いますよね。

栗林投手の場合は再三申し上げます通り、中日ファンであることが明らかですし、中日としても獲得意志があれば相思相愛なわけです。

また2018、2019と根尾昂、石川昂弥と立て続けに地元スター選手をクジで幸運にも引き当てていることからさらに期待は高まるばかり

ただ一つ懸念材料をあげるとすれば、同じく地元中京大中京高の高橋宏斗選手が10月にプロ志望届を提出したこと

高橋投手は世代No1に迫る実力があることから、ドラゴンズとしては、悩ましい選択を迫られそうです^^;

ドラゴンズはトヨタ出身が多い

そんなドラゴンズにさらなる指名可能性が高まるのは栗林投手が所属するトヨタ出身で活躍しているOBが多いこと。

以下が一覧になります。

選手名 経歴
吉見一起 金光大阪高→トヨタ自動車
祖父江大輔 →トヨタ自動車
木下拓哉 →トヨタ自動車

吉見投手は全盛期は言わずと知れたドラゴンズのエースであり今は近年失速気味。

祖父江投手は勝利の方程式を築く重要なセットアッパー、木下捕手は今年も主力として君臨する重要な打てる捕手です☆

やはり社会人からのプロ入りですと”即戦力”と期待されるだけあり、そのまま活躍している選手も多いと思います。

他のトヨタ出身で現在活躍している選手

現役引退勢

選手名 経歴
古田敦也 立命館大学→トヨタ自動車→ヤクルトスワローズ/東京ヤクルトスワローズ
高橋建 拓殖大学→トヨタ自動車→広島東洋カープ・ドラフト4位(1995年~2008年)→ニューヨーク・メッツ(2009年)→広島東洋カープ(2010年)
安藤優也 法政大学→トヨタ自動車→阪神タイガース・自由獲得枠(2002年~2017年)

現役引退勢ですと、以上のように実績を残した選手たちが挙げられます☆

現役勢

選手名 経歴
金子千尋 長野・長野商業高校→トヨタ自動車→オリックスバファローズ・自由獲得枠(2005年~2018年)→北海道日本ハムファイターズ(2019年~)
荻野貴司 関西学院大学→トヨタ自動車→千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位(2010年~)
源田壮亮 愛知学院大学→トヨタ自動車→埼玉西武ライオンズ・ドラフト3位(2017年~)

現役勢でも、そうそうたるメンツ☆

さすが世界に誇るトヨタ🚘!

まとめ

今回も引き続きドラフト特集ということでトヨタ自動車の栗林良吏投手について記事にして参りました。

記事の内容をまとめますと、

  1. 栗林良吏が2年前のドラフト漏れしたのはトヨタから2位以内の指名の縛りがあったとの噂があるか定かではない。
  2. 栗林良吏の中学時代は軟式野球クラブに所属しており、シニアやボーイズ、中学の野球部には在籍していなかった。家族については、「兄に勝ちたくて野球を始めた」ということで関係がある。

となるかと思います。

今やドラフト1位候補でも様々な経緯があってプロの道へたどり着く人がいるわけです。

ぶち当たる壁に対して、それを自分の飛躍に変えて成長していく姿勢は私たちも見習わなければならないものだと強く感じます。

栗林投手がプロでも活躍することを願っております。

ご愛読ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク