スポーツ

久保建英は50mは何秒?伊東純也と足の速さを比較・足が速くなる方法についても!

スポンサーリンク

お疲れ様です〜トゲムーです☆

今回は久保建英と伊東純也について記事にして参りたいと思います!

では早速☆

久保建英は50mは何秒?

レアル・マドリードからヘタフェへレンタル移籍している久保建英選手(2021年1月20日現在)。

ビジャレアルからわずか半年での移籍となりましたが、新天地では早速その実力を見せはじめています。

そんな久保選手の足の速さ、特に50mは一体何秒なのでしょうか?

時速33.9km

こちらはマジョルカ時代のトップスピードの速さ

堂々の1位となってますね!

ただ同然上には上がいるので、上記の比較において”1位”ということに当然なります。

100mに換算すると、10.69秒

この時速33.9kmを100m走に換算すると、10.69秒になります💨

つまり50mでは単純に2でわると5.4秒!?となります。

これは加速することを考慮していないので理論上の数字ということになりますが、上記の数値から推測すると、おそらく久保建英選手の50mは6秒前後となるのではなかと思われます^^;

ちなみに元アーセナルに所属していた宮市亮選手(現ザンクトパウリ所属)は100mが10.6秒だったとのことで、久保選手もそれに匹敵する速さであったということにはなります。

 

久保選手はどちらかというと、スピードというよりかは、ドリブルやボールタッチのスキルが注目されるので、そこまで爆発的なスピードがあるとは意外にもわからないものですよね。

確かな技術の上に、相手を置き去りにするドリブルがあるということが理解できます

伊東純也と足の速さを比較

ここまで久保選手のスピードについて、具体的な指標を用いて見てきました。

次にスピードといえば、ということで、現在ベルギー1部のヘンクに所属する伊東純也選手との比較をして行きたいと思います☆

50mでの比較

こちらの記事によれば、まだ伊東選手がJリーグにいた時代の話になりますが、50mは5秒台後半とのこと。

”後半”なので、5.5秒なのか5.9秒なのか、だいぶ差が出てきますが、そこから察するに、久保選手とはさして大差ないと言えるでしょう。

ただプレースタイルとして伊東選手はドリブルで縦に仕掛けるケースが多いので、よりそのスピードが目立つ印象にはなるかなと思います。

トップスピードでの比較

これは2017年の50m以上ドリブルで疾走して決めた圧巻のゴール

まさに縦に縦に仕掛けていって何人か抜いて決めたトップスピードでのドリブルで決めた真骨頂のゴールと言えるでしょう⚽️

こちらは久保選手が50m以上自分で持ち込み、最終的にもこぼれてきたところを押し込むゴール。

試合の終盤で疲れているなか、トップスピードで駆け上がり、利き足と逆の右足でシュートまで持ち込む姿勢は、スピードに自信がある証拠でしょう。

こうしてみると、甲乙どちらがスピードに優れているかはつけ難いですが、どちらも同じサイドアタッカーとして必要なトップスピードを世界レベルで備えていることがわかります。

こちらは伊東選手がベルギーリーグでアフリカ系の選手相手にそのスピードで翻弄し、評価を高めているという記事ですが、そのように現地の記者たちも唸らせるスピードを評価されているということですね☆

ドリブルでの比較

こちらはJリーグ時代の伊東選手のプレー集。

伊東選手のドリブルはC.ロナウドがよく使うシザース(跨ぎ系のフェイント)を駆使した形で中に切れ込んだり、縦に突破していくスタイルが多いですね。

この動画をみると、かなりの迫力がありますね☆

対して久保選手のドリブルですが、久保選手は緩急を使って一瞬で抜き去るようなドリブルが多いですね。

どちらも特徴があって面白いですね☆

 

このようにスピード×ドリブルという形で掛け合わされるとしても、それをどのように使いこなしていくか、伊東選手と久保選手を比較するだけでも、選手によって違いが出るということがわかりますね。

足が速くなる方法についても!

最後に足が速くなる方法について。

久保建英、伊東純也と、日本の誇る快速ウイングを見ていると、自分も同じようなプレーをしたくなってきますよね。

「そんなあなたに!」というわけではありませんが、こちらは2019年に出版された、伊東純也選手が著者となっている本です☆

子どもの足がどんどん速くなる

アマゾンでは一時的に人気でランキング1位になっていたようです☆

一部内容については、こちらのサイトにも載っておりますが(https://toyokeizai.net/articles/-/287618)、

  1. 走り方:ももは「高く上げる」のではなく「ひざを前に出す」が正解
  2. 正しい腕振り:腕振りは肩甲骨を意識して「ひじパンチ」
  3. スタート:スタートは前に倒れていく勢いで

という感じで書かれていますね。

いずれも陸上選手が基礎するランニングフォームに直結するポイントで、家の中で雨の日でも子供でもできる、簡単なものなので、個人的にもオススメです☆

これだけで足が伊東選手のように速くなる、ということはないかもしれませんが、これをキッカケにランニングフォームを見直した上で、日々の練習に励んで筋力を高めていけば、走力改善が期待できるかもしれません。

まとめ

今回は久保建英と伊東純也について記事にして参りました。

記事の内容をまとめますと、

  1. 久保建英は50mは何秒かについては、時速33.9kmというデータから察するに、50mは6秒前後だということが推測できる。
  2. 伊東純也と足の速さを比較してみると、50mタイムやトップスピードでは大差がないと言えるが、スピードとドリブルを掛け合わせことで選手によって違いが出るということがわかる。
  3. 足が速くなる方法については、伊東純也自身が著書となっている本にて、走り方、正しい腕振り、スタートに関してポイントに抑えることで改善が図ることができる。

となるかと思います。

今波にのっている久保建英と伊東選手。

両者のドリブルとスピードに注目しながら期待して行きたいと思います☆

走り方や久保選手に関しては過去の記事も合わせてどうぞ↓

久保建英にプレースタイルについて徹底考察!最も似ている選手はイニエスタ?

久保建英のイケメンな性格について!偉そうに見えるのはなぜ?

ご愛読ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク