スポーツ

久保建英のイケメンな性格について!偉そうに見えるのはなぜ?

スポンサーリンク

お疲れ様です〜トゲムーです☆

今回は日本や今や世界のサッカー界で注目を集めている久保建英選手について記事にして参ります。

では早速☆

久保建英のイケメンな性格について!

若干19歳にして久保建英選手ですが、すでにその注目度は世界レベル★

まさに一挙手一投足が日本のみならず世界で注目されている久保選手ですが、まだ年齢は10代の19歳

心身共にこれからドンドン成熟していく年頃です(世でいう大学1年生)。

そんな久保選手の性格はどうなのでしょうか。

賢さに加えて学ぶ姿勢

久保選手が去年所属していたマジョルカのビセンテ・モレノ監督は、久保選手の性格を上記のように称賛★

記事の内容を一部抜粋いたしますと、

「素晴らしいのは、彼が賢くもある選手ということだいつだって学ぶ意欲があり、人の話に耳を傾けている。選手としてのレベルはもちろん、改善する意欲があるというのは、監督にとって喜ぶべきことだ」

このように監督はコメントしており、久保選手の”賢さ”とそれに加えた”学ぶ姿勢””人の話を聞く姿勢”を称賛しております★

「天才」と称されるその才能を持ち合わせながら、さらに積極的に学ぶ姿勢を持ち合わせているというのは、まさに素晴らしいことですね👏

”超”がつくほどの負けず嫌い

この記事は、久保選手と元同僚で、こちらも世界で注目されている同世代のアンス・ファティ選手(FCバルセロナ所属)と2人についての記事ですが、そこを一部抜粋しますと、

「タケのプレースタイルは基本に忠実。サッカーIQが高くて、得点センスに秀でていた。そしてタケをもっとも非凡たらしめていた重要な要素が、超がつくほど負けず嫌いなその性格だった。タケはトレーニングでも、あらゆるエクササイズにおいてつねに一番になることをめざしていた」

アンス・ファティ選手がいたずら好きで、ドリブルやシュートも色気を出すような華麗さを求めていたのに対して、久保選手は基本に忠実でサッカーIQが高く、得点センスに優れた選手

そして久保選手を非凡たらしめていたのが、”超”がつくほどの負けず嫌いな性格、だというのです。

 

やはりいくら才能があったとしても、あのレベルにいたることは簡単にできないでしょうし、2人がいくらポテンシャルと才能がずば抜けていたとしても周りにいた選手たちも同じバルセロナの下部組織の選手ですから、並み居るライバルたちだったことは間違い無いでしょう。

そんな競争を勝ち抜いて活躍していた背景にはやはり、”負けず嫌い”な性格があったということですね。

実は慎重でシャイ?


またこちらの記事においては久保選手の性格について以下(抜粋)のように書かれています。

同メディアは久保の性格について「慎重で、ソーシャルネットワーク上で注目されることもなく、メディアの前で幾分シャイ」と言及。

しかし、日本代表MFは

ピッチの上ではシャイになったことはありません。選手はピッチの上で自分自身を表現しなければいけません。ピッチの上でシャイでいると、より大きな成長は望めません。試合とはいかにピッチの上で喋るかだと思います」

メディアには”シャイ”と称されている久保選手ですが、本人はそれを全く持って否定w

むしろ真逆のことを述べていて、内気な性格というよりかは、ピッチ上では自分を表現すること、そして多くの対話を生み出すことの必要性をコメントしています

 

一方で、こちらの記事に寄れば(久保建 中身は陽気なスペイン人)、日本代表という年上の人たちしかいない環境下の中でも陽気な性格を生かしてチームにすぐさま溶け込んでいるとか。

一部内容を抜粋しますと、

4日の夕食時にはDF槙野智章(32=浦和)から求められ、自ら18歳の誕生日を祝う一発芸を披露。先輩たちを爆笑させ、年上選手との距離を縮めるのにひと役買った

これには天才少年の「素顔」が関係している。今回の代表合宿がスタートした2日には「緊張する」と漏らしていたというが、同じく初招集のGK大迫敬介(19=広島)によれば「建英はずっと海外にいたからかもしれないけど、(先輩に)気兼ねなく話をできるタイプ。そこはすごいなと思う」。

取材対応時には必ずと言ってもいいほど真面目な表情。しかし実際は陽気な性格で物おじも全くしないとあって、はるか年上の先輩とも良好な関係を築けるという

先ほどはシャイということに対して本人自らが否定してしましたが、まさしくその通りで、海外で幼少期を過ごした影響が多少ならずありそうですね。

しかも年上の人と関係性がうまく築けている、というのは今後人生を生きていく上でもとてもプラスになりそうな要素ですね☆

 

このように外野から見られる評価と、本人の認識には少し差があるようで、久保選手の性格としては、賢くて謙虚、かつ明るく積極的、かつ”超”がつくほどの負けず嫌い、ということになりそうです。

偉そうに見えるのはなぜ?

このように「天才」と称されながらも、学ぶ姿勢や負けず嫌いな性格、そこに加えて、シャイどころか、むしろ明るく外交的な性格も垣間見られる久保選手。

そんな久保建英が「偉そう」と見られ、「性格が悪いのでは?」とささやかれることがたまにあります。

一体久保選手は普段どんな表情をしているのか、探っていきましょう☆

レアル・マドリード監督のジダンの前での態度

画像右のあたりにいる久保選手。

スター軍団が集うレアル・マドリードの選手たちがジダンの話を聞いてる中、たった一人”腕組み”をしながら話を聞いている姿が見えます。

「腕組み」は目上の人に対して”偉そう”な態度と捉えられることもあるため、こうした姿が集団の中で見られると、確かに”偉そう”と思われるのかもしれません。

ドヤ顔?

こちらはなんの写真がわかりかねますが、ベンゼマやセルヒオ・ラモスといった、まさしく現レアルの顔、と言われる面々の中で、一番体格的にも年齢的にも低い久保選手がセンターでドヤ顔?をして写っています。

これはなかなか珍しい写真だと思いますね^^;

ワールドクラスの選手たちと肩を並べて堂々と写真映りしている姿は偉そうというよりは、自信満々といったところでしょうか。

 

このようにどうしても何かしらを通して垣間見られるひとシーンだけを見ると、確かに”偉そう”と思ってしまうことがあるかもしれません

 

しかし基本的には謙虚で素直な好青年の久保選手

これからも様々な表情で僕らを楽しませつつ、世界のトップレベルの選手たちに囲まれながらも物怖じせずに頑張ってほしいものです☆

久保建英のおしゃめで陽気な画像

陽気な好青年と思われる一方で、偉そうで高慢だと捉えられる時もある久保選手。

そんな久保選手の”思わぬ一面”に今度は注目していきます☆

こちらは撮影している映像を意識してなにやら仕草をする久保選手。

日常のリラックスしたお茶目な姿が垣間見得ますね^^

こちらは何かネックウォーマーのようなものを頭につけている写真。

これは初めて日本代表に呼ばれた際ですので、代表に呼ばれながらもすでに”自分らしさ”を出してるのかもしれません。

 

最後に極め付けはコチラ!

流行りのSNS「TikTok」にてチームメイトと出演し、ダンス

表情は真面目なままなものの、チームメイトのノリにもしっかり合わせられる人柄だということがわかるでしょう

 

このように何かとメディアに注目される久保選手ですが、今後どんな一面がみられるのかさらに注目です☆

まとめ

今回は日本や今や世界のサッカー界で注目を集めている久保建英選手について記事にして参りました。

記事の内容をまとめますと、

  1. 久保建英の性格は賢くて謙虚、かつ明るく積極的、かつ”超”がつくほどの負けず嫌いである。
  2. 久保建英が偉そうに見えるのは、随所に報じられる写真でのその風貌によるものだと言える。
  3. 久保選手は、人気のSNS「TikTok」でチームメートとダンスに出演するなどチームメイトのノリにも合わせることができる人柄を持ち合わせていると言え、今後どんな一面がみられるのか注目である。

となるかと思います。

様々な面で注目を浴びる久保選手。

今後兼ね備えている人格と、その上に実力が着実に備わって、飛躍してくれることを願っています^^!

ご愛読ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク